ますかけ線(感情線と頭脳線がつながっている線)


感情線と頭脳線がつながっている線をますかけ線といいます。

俗に天下取りの手相といわれていて、豊臣秀吉や徳川家康がこの手相を持っていたといわれています。

お釈迦様のますかけだったといわれていますよ。

感情線と頭脳線がつながって両方のエネルギーが交流するので、それぞれの意味が強まります。

天下を取るほどの強い運やエネルギーを持っているぶん、感情や人生そのもののアップダウンが激しかったりすることが多いです。

会社員などでいると、上と衝突したりすることもありがちで、独立向きの方が多いですね。

右手と左手どちらか片方だけという場合、人生の前半と後半でますかけの意味が出てくる時期がわかれたりします。

ますかけを持つ方は強い方が多いですね。

一見おとなしそうに見えても芯が強かったり、頑固な人も多い。

この線を持つ方で苦しい思いをされている方、その分あがりますからね。

そして、乗り越えるパワーもありますので、自分を信じてくださいね。

あとは、周りの方も自分を同じように大切にすると、ますます運気アップしますよ。

ぜひ、持っている力を最大限に生かしてくださいませ!

#手相

ピックアップ記事
ブログ記事
過去記事
テーマ別
No tags yet.
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
  • Facebook Classic
  • Twitter Classic
  • Google Classic
  • RSS Classic